ニ十一世紀初期の交通機関「松彦『昔のように今日(五十世紀) の時代は、毛筆や、鉛筆や、万年筆などの必要はありません。ただ指先をもって空中に七十五声の文生を記せば、配達夫はただちに配達してくれますよ。…この交通機関は二十一世紀の初期から開始されたのですよ』(霊界物語十五巻二十一章)