明治二十一年(一八八八)戊子(つちのえね)この年本田親徳、八木島(八木)で出口直に、十年後の王仁三郎との出会いを予言(「大本教の活歴史」-大正二年十月、『出口王仁三郎著作集」五巻)